山陰~中国地方を中心とした廃道・廃線・近代土木遺産などを巡る事を目的としたブログです。
プロフィール

K

Author:K
旧道や古い道路構造物・廃線跡などの「古い美しさ」に惹かれます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国道432号線 駒返トンネル旧道(松江市~安来市)
島根県松江市から広島県竹原市を結ぶ国道432号線。
松江市と安来市の境には駒返トンネルと、その前後に豪快なカーブを描きながら谷を渡り、山を越える立派な二車線道路
IMG_1056.jpg
(現道)が整備されつつある。

対照的に、右へ左へと地形に沿って緩やかに高度を上げながら峠を越える旧道を訪ねました。

探訪日2007年1月4日
駒返トンネル旧道

※A地点を出発し、P地点を目指して走行。
A地点
旧道(右側)との分岐地点。
どちらも狭い道・・・。
左側は国道指定されているようだが、Q地点への連絡道路という雰囲気。
手前の道も勿論狭い。
IMG_1038A.jpg

B地点
大型車は規制
IMG_1037B.jpg

C地点
脇道は秋吉・桑並地区へ通じる道路のようだ。
IMG_1036C.jpg

D・E・F地点
IMG_1032D.jpg
IMG_1034E.jpg
IMG_1033F.jpg

G・H地点
この辺りは不燃物処分場への通行があるようで、荒れた様子はない。
国道へは左折より、手前へ戻った方が容易い。
IMG_1039G.jpg
IMG_1040H.jpg

I地点
振り返ると、通ってきた道が見える。
IMG_1042I.jpg

J地点
谷を跨ぐ現道が見える(三郎谷橋・1993年完成)
IMG_1043J.jpg

K地点
今まで通ってきた旧道(左上)とこれから通る旧道(手前)の間、僅かに現道と合流。
IMG_1044K.jpg

L地点
IMG_1045L.jpg

M地点
斜め左へと分岐する道が現れた。右の傾いた看板を振り返って見てみると、『↑松江』。
IMG_1046M.jpg

N地点
「なかのはたけばし」という橋で沢を渡る。
IMG_1049N.jpg

O地点
「おものこばし」という橋で沢を渡る。
橋台の翼壁は年季の入った石積み。
IMG_1050O.jpg
IMG_1052O.jpg

P地点
現道を跨ぐ付け替え旧道も「おものこばし」であった。
IMG_1053P.jpg
現道を渡ると進路を180度変え、合流して安来市側の旧道は終了である。
IMG_1055P.jpg

その昔、現道のK~P地点までが未開通であった1998年頃は旧道+点線が当時のルートであった。点線付近の側溝で脱輪してしまったのも若かりし頃の懐かしく苦い思い出だ。
Q地点から松江市内方向は当時から現在に至るも未開通のままである・・・。

▼現道K~P間にある三つの橋梁は1993・94・97年に完成
スポンサーサイト
国道54号線 天狗トンネル部分旧道
広島県三次市(旧・布野村)の中郷川に沿った国道54号線には、近年にバイパスが造られた箇所がある。
tunnel webさんの天狗トンネルデータでは1994年に完成している。

20070624121936.jpg


探訪 2007.6.23

[READ MORE...]
国道314号線 雲南市木次町湯村~平田間
島根県雲南市の国道314号線にはトンネルの連続した区間が二箇所あり、街中を避けて通る三刀屋(みとや)町の国道54号線交点と、もう一つはこれから紹介する場所である。
現在のルートは1981~86年頃に開通している。

探訪 2007.4.15

旧道は川に沿ったルートで旧大原郡木次(きすき)町を通っており、対岸の旧飯石郡吉田村には後にも先にも掛かっていない。
20070610205857.jpg


現道との分岐点。
中央の看板は現道のもので、先にパーキングがある事を示している。(A地点)
IMG_1843.jpg

いきなりポッカリと口を開けた謎の穴がお出迎え。
穴の入り口の場所が背丈ほどあり中を覗くのも難しそうなため、それほど興味は沸かなかった。(B地点)
IMG_1844.jpg

湯村温泉のものだろうか?
露天風呂にはおじさんが入っていたが、こちらには気付かずおもむろに湯船から立ち上がった姿をモロに見てしまった。(苦笑)
画像は、誰もいない事を確認後に撮影してます。(C地点)
IMG_1845.jpg

ささやかな車止めと「警笛鳴らせ」の標識。(D地点)
IMG_1846.jpg

発電用の滝(?)があり、桟道になっている。
川側には欄干がある。(E地点)
IMG_1847.jpg

対岸からの様子。(E地点)
IMG_1871.jpg


この後、あの遺構が現れる。

[READ MORE...]
国道54号線 晴雲トンネル旧道区間
島根県雲南市掛合(かけや)町の国道54号線を広島県へ向けて車を走らせていると、R=120前後のカーブが連続する約4kmの登坂車線が現れ、一気に高度を上げる。
そして、登坂車線が終わると間もなく飯石(いいし)郡飯南町{旧:頓原(とんばら)町}に入り、全長1000m超の晴雲トンネルを潜る。
この晴雲トンネルは、豪雪地帯の狭い峠道をパスするため昭和39年に開通しているが、当初は「頓原道路」という有料道路であった。
昭和56年に無料開放されている。

探訪 2007.05.03

r54.jpg


____________________
````````````````````

分岐地点にて。
山陰と山陽を結ぶ大動脈であり交通量も多いため、ドライバーの目を引く色に貼り替えられたと思われる看板が目に付く。
旧道入り口には車止めが設置されている。(A地点)
IMG_1926.jpg

IMG_1927.jpg

先程の車止めの事だろう。(B地点)
IMG_1928.jpg

新しい道が出来、旧道はここから暫く切り取られている。(C地点)
IMG_1929.jpg

スピードに乗って、うっかり通り過ぎるところだった。
皆さんお判りの通り、右側のまるで廃線跡を彷彿とさせるような道が正解。(D地点)
IMG_1930.jpg

忘れ去られたかのようにポツンと置かれている看板だが、一番威圧感を感じる。
特にバリケードも無く、車も通っていたのでそのまま進みます。(E地点)
IMG_1931.jpg

土砂崩れがあったのだろう?(F地点)
IMG_1932.jpg


背の低い石垣に守られた見通しの良い峠を越えた先にあるものとは…!?

[READ MORE...]
国道314号線 奥出雲おろちループ旧道区間
遂に来ちゃいました!
広島県福山市~島根県雲南市を結ぶ国道314号線県境付近の島根県側には1992(平成4)年4月に二重の美しいループ道路が開通している。
出雲地方に伝わる「やまたのおろち伝説」のとぐろを巻く大蛇にちなんで、『おろちループ』と名付けられている。
従来の国道は、狭路・急勾配・急カーブによる酷道区間に加え雪深い地域でもあったため、積雪による通行止めとなる事があったそうだ。
近くを走るJR木次(きすき)線も広島県入りを目前に、三段階のスイッチバックをしながら登って行くほどの険しさ。

今回は、「おろちループ」の旧道区間を南側から訪ねてきました。

探訪 2007.04.15

旧R314周辺マップ



[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。