山陰~中国地方を中心とした廃道・廃線・近代土木遺産などを巡る事を目的としたブログです。
プロフィール

K

Author:K
旧道や古い道路構造物・廃線跡などの「古い美しさ」に惹かれます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR福塩線 河佐駅~備後三川駅間旧線
地図を見ていると、ダムの近くを貫く一本の鉄道長大トンネルが目に留まった。
そのトンネルは、地方ローカル線上の一駅区間の大部分を占めており、近年に開業した路線でもない点に旧線の存在を感じた。
ネットで検索してみると、1938(昭和13)年に開業した福塩線のこの区間は、後のダム建設によって1989(平成元)年に付け替えられており、やはりダムの底には線路跡や駅が沈んでいるようだ。

水没前の空中写真から見える線路を書き足した地図を片手に、八田原ダムの湖底に眠る旧線跡を訪ねてきました。

探訪2007.8.18
再訪2007.10.21

hattabara1.jpg


備後三川駅を出てすぐ新線は左へとカーブし、その先には約6kmの八田原トンネルが待っている。
真っ直ぐ延びていた旧線は県道の餌食になっている。(A地点)
IMG_2578.jpg

無機質な八田原トンネル坑口上部には扁額を埋め込む予定だったのだろうか?(B地点)
IMG_2579.jpg

旧線の路盤にしては手入れがされているので、おそらく護岸整備によって消滅してしまっているのかもしれない。(C地点)
IMG_2580.jpg

この付近、整備されて全く見る影もなかったが、川の向こうには初めてまともな遺構が姿を現した。(D地点)
IMG_2581.jpg

この時期、草木が茂り見えないかもしれないが、山を貫く隧道が残っていた。
対岸の広場では何やら開催されており、大勢の人の目に触れるのを嫌い接近しなかったorz(D地点)
IMG_2582.jpg

隧道内部へと延びる電線の支柱には、JRの虎模様ボックスが残っているのが見える。(D地点)
IMG_2600.jpg

橋梁があったと思われる場所をよく見てみると…。(E地点)
IMG_2584.jpg

橋脚の基礎部分ではないだろうか?かつては3連の橋梁が架かっていた。(E地点)
IMG_2585.jpg

左側の砂地が道路跡であり、すぐ右に寄り添っている緑の一段低い部分が線路跡。(F地点)
IMG_2586.jpg


hattabara2.jpg

この時は見えなかったが。(G地点)
IMG_2587.jpg

再訪時、同じ箇所を撮影。
水位が下がっていたため、橋台が現れた。
ちなみに左が旧線、右が道路のものである。
湖面まで降りられる様だが時間の都合上、上から眺めるだけにした。(G地点)
IMG_2644.jpg

カーブミラーが向日葵になっている。
何かこういうの好きだなー。(H地点)
IMG_2588.jpg

↓続きを読む
[READ MORE...]
スポンサーサイト
山陽国策パルプ専用側線跡
島根県江津市の中心部にそびえ立つ煙突が目を引く日本製紙ケミカル(旧山陽国策パルプ)には、専用の貨物線が存在していた。
1996年の廃止から12年の歳月と、大部分が製紙会社の敷地内という事で、簡単な探訪にとどまった。
旧山陽国策パルプ専用線跡


JRの列車内や国道からも見える分岐地点。
画像右上の跨線橋が国道。
IMG_2209.jpg

ポイント付近のごく一部だけ線路が残されている。
IMG_2210.jpg

サンパル方面。
緑に覆われているが辛うじて、線路があった事が判る。
カルバート上部には何故か石が並べられていた。
IMG_2211.jpg

路盤へ降りてみると、足下にはきめ細かな砂が堆積していた。
NEC_0051.jpg

振り返ってJR側。
上部には橋のように、時代を感じさせる欄干が設置されている。
NEC_0050.jpg

まだバラストが残っていた。
NEC_0052.jpg



ここには警報機無しの手動式踏切があったらしい。(B地点)
IMG_2850.jpg


この日、街を見下ろす星高山は年に数回ほどの雪景色となっていた。
IMG_2851.jpg


A地点2007.7.28探訪
B地点2008.1.2探訪




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。