山陰~中国地方を中心とした廃道・廃線・近代土木遺産などを巡る事を目的としたブログです。
プロフィール

K

Author:K
旧道や古い道路構造物・廃線跡などの「古い美しさ」に惹かれます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR山陰本線 荒島駅~揖屋駅間旧線
今年2008年11月、開業100周年を迎えたJR山陰本線「安来~松江」間のちょうど中間辺りに位置する「荒島~揖屋」間は単線にも関わらず大断面のトンネルを潜っている。
「玉造温泉~来待」間同様、開業当時からのトンネルであるはずもなく、空中写真からも旧線の痕跡を見る事ができる。
恐らく、旧線の揖屋隧道(96.3m)では断面が狭いため、1982(昭和57)年の電化開業に併せて新線が設けられたのであろう。
しかし、揖屋第一・第二トンネルは複線サイズであるものの、当該区間は単線である。

以前はトンネル内を単線で通していたが、2001年の高速化事業の際に揖屋駅から揖屋第一・第二トンネル内にもレールが延長して敷設され、トンネルを抜けた東にポイントが設置されている。(トンネルを出たところに第二出発信号機設置)

2008.10.19探訪

揖屋

↓続きを読む
[READ MORE...]
スポンサーサイト
JR山陰本線 玉造温泉駅~来待駅間旧線
今から99年前の1909(明治42)年11月、松江~宍道間が開業。
島根県内を走る山陰本線のなかで、初めに複線化が行われたのが玉造温泉~来待間である。

1970(昭和45)年に複線化されたうち、大部分は単線の新線を設けて下り線、従来線を上り線としているが、来待駅の東側にあるトンネルだけは複線用トンネルで上下線共に山を貫いている。
開業時から大断面のトンネルであったとは考えにくいので昭和51年の空中写真で調べてみると、それらしい様子が確認できた。

2008.10.19探訪

↓続きを読む
[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。