山陰~中国地方を中心とした廃道・廃線・近代土木遺産などを巡る事を目的としたブログです。
プロフィール

K

Author:K
旧道や古い道路構造物・廃線跡などの「古い美しさ」に惹かれます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

与位の洞門
先日、大阪へ行く機会があったので、以前(相坂隧道探訪後)から気になっていた兵庫県宍粟市にある「与位の洞門」を訪ねてきました。

場所

2009.2.14探訪

一見、コンクリート吹き付けの素堀隧道が連続しているだけの様だが、100年以上の歴史を目にする事が出来る。
IMG_3743.jpg
川のギリギリまで岩山がせり出した部分を貫いている。
IMG_3744.jpg

洞門を抜けたところには案内看板が設置されていた。
看板に依ると、明治36年頃に洞門が掘られて以降、昭和初め頃と昭和43年に当時の通行に対して必要な大きさにまで広げられ現在に至っている。
IMG_3745.jpg

時代の流れに合わせた拡幅工事も現在では国道は対岸を通り、洞門の隣には真新しいトンネルが造られている。
IMG_3740.jpg

対岸からは、洞門を掘る以前までの通行路として使われていた桟橋(または桟道?)の木材を差し込んでいた穴を見る事が出来た。また、歩きやすいようになのか、桟橋から人の背丈くらい上までの部分は削り取られているように見える。
IMG_3741.jpg
IMG_3742.jpg


スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。