FC2ブログ
山陰~中国地方を中心とした廃道・廃線・近代土木遺産などを巡る事を目的としたブログです。
プロフィール

K

Author:K
旧道や古い道路構造物・廃線跡などの「古い美しさ」に惹かれます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



島根県道23号斐川一畑大社線 旧小伊津隧道
日本海に面した島根半島の漁村を海岸伝いに結ぶ県道23号の出雲市平田町小伊津地区にある放置されたままの廃隧道を訪ねてきました。

tunnel webさんのリストによると小伊津隧道の完成は1933年であり、74年を経た現在でも内外共に状態は良さそうである。

場所

探訪 2007.2.25

↓続きを読む
北側坑口は簡単なバリケードで塞いであるだけ。
扁額には「小伊津隧道」、下には「ずい道内制限高3.2m」。
IMG_1387.jpg

ただでさえ狭い隧道内だが、北側を入ってすぐ一部が一回り狭くなっている。
…勿論灯りはない。
IMG_1389.jpg

途中からはコンクリートが吹き付けられている。
日本海から吹き荒れる北風が常に隧道内を流れていて非常に寒い。
IMG_1391.jpg

南側坑口の扁額には「道隧津伊小」と記されている。
IMG_1392.jpg

新旧のトンネルを分岐点より。
こうして見ると、抗口の大きさが桁違いである。
IMG_1393.jpg


2007.7.16公開
____________________
/////////////
それから2年後の2009.7.20・・・
小伊津隧道を通りかかった際、ちらりと一面白いものが見えた気がしたので立ち寄ってみると、
IMG_4603.jpgIMG_4604.jpg
しっかりと塞がれており、賞味期限がある事を改めて実感しました。
2009.7.22追記


おまけ
旧小伊津隧道から下った海岸沿いのここからは地球何万~何億年の歴史を垣間見る事ができる。
koidu50.jpg

スポンサーサイト




この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yukebawakarusa.blog88.fc2.com/tb.php/34-00dd4fa7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)