山陰~中国地方を中心とした廃道・廃線・近代土木遺産などを巡る事を目的としたブログです。
プロフィール

K

Author:K
旧道や古い道路構造物・廃線跡などの「古い美しさ」に惹かれます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR山陰本線 三保三隅駅~岡見駅間旧線(中国電力 三隅発電所専用側線)
JR山陰本線の車窓からは、どこまでも広がる日本海と山々が交互に流れ、時折集落を通り抜けるローカルな雰囲気が満点で『偉大なるローカル線』とも称されている。
突然、海岸線から離れてトンネルが連続する三保三隅駅~岡見駅間は中国電力三隅火力発電所の建設に伴い、1992年に経路変更が行われた。


2008年7月19日探訪
2008年9月14日再訪

三隅火力地図


山間の切り通しを過ぎるとすぐ、新旧の分岐部分が現れる。
新線は真っ直ぐ、道路を潜る非常に短い耳峠トンネルへ。
一方の旧線(赤点線)は、緩やかにカーブしながら海岸線に沿って進んでいた。(A地点)
a.jpg
耳峠トンネル銘板

耳峠トンネルを抜けるとすぐ、第一松原隧道が口を開けている。(B地点)
第一松原遂道坑口

当時からのものだろうか?
旧線の築堤下部には用水路のトンネル。(C地点)
『ないねん出版』さんのサイトで、1987年の「いそかぜ」。
A地点方向を向いて撮影されたと思います。(列車の後ろにガードレールが見える)http://nainen.jp/siryoukan/railway/jr_dcle/01jr_dcle.htm
用水路

かつて切り通しであった部分だが、一段上を通る道路と同じ高さまで土が盛られている。
藪の先にはこれから向かう地点が見える。(D地点)
切り通し部

D地点で行き止まりのあぜ道になっているが、砂利道になった以外は特に手も加えられておらずそのままなのが良い。
波除けの板は、DVD「埋もれた轍」でも登場する遺構。[1984-8](E地点)
e.jpg

谷積みの石垣も特徴的。
奥にはD地点の切り通し跡が見える。(F地点)
f.jpg
コンクリート法面には[1968-9]と刻印。
f2.jpg

踏み切り設備の跡が確認できる。(G地点)
踏み切り跡
字は消えてしまい読めなかったが、築堤脇にキロポストも現存していたのは思いがけない発見であった。
キロポスト

フェンスで閉ざされた先にはレールを撤去された橋梁。(H地点)
h.jpg
橋梁名称は不明だったが、新線が岡見川橋梁の名であるため同一名称と推測。
ガーダー
昭和44年に橋台が補修されたという事だろうか。
橋梁銘板

表通りから脇道を少し入ったところの旧線部分や発電所敷地内は多目的広場として整備され、一般に開放されていたのだが利用時間が決められており、初回訪問時は夕方遅い時間であったため施錠されておりとても悔しかった事を思い出した。
ちなみに、案内板下側がさっきまで居た方向。(I地点)
※最下部に追記あり
多目的広場案内図再訪
i5.jpg再訪
松原隧道入り口に看板が立ってますね。
松原遂道東側再訪
初回、フェンスの外から[1954-9]の刻印部分だけ撮影できた。
i.jpg
松原隧道東入口には当時の写真付きの説明看板が設置されている。
DF50型が牽引する客車と、キハ181系特急「おき」だ。
i3.jpg再訪

では入ってみよう!
隧道中央の北側一箇所に待避坑
松原遂道待避坑再訪
路面は舗装され、隧道内の状態も悪くはなさそう。
松原遂道内部再訪

形状にやや特徴ある坑門。
この先は施設内のためフェンスで阻まれており、遊歩道は90度進路を変える。
左下の看板は斜面の立ち入り禁止を促すもの。(J地点)
※最下部に追記あり
松原遂道西側再訪

付け替えられた新線はトンネルと高架橋の連続する高規格(K地点)
現在の付け替え線

続いては岡見駅側からアタック!
↓続きを読む
岡見駅から発電所内まで、経路変更直後はトンネルが金網によって封鎖されていたのだが、1998年に山口県美祢市の宇部興産㈱伊佐セメント工場までの貨物輸送が開始され、炭酸カルシウムを運び入れて石炭灰(フライアッシュ)を運び出す貨物列車が平日、一日一往復だが乗り入れるようになった。
全国でも数少なくなったDD51型機関車が重連で貨車を牽引する姿を収める鉄道ファンも多く、専用側線を走行しているところを撮影した画像も幾つかヒットした。
※2010年7月、大雨による路盤・橋梁の流出で美祢線が全線不通になった影響を受けて現在、貨物列車は運休中。


以下は一枚を除き再訪時撮影

新旧の高架橋が並ぶ線路脇に通じる右の道を登ってみる。(L地点)
l.jpg

右の線路が専用側線(M地点)
「SLグラフィティ」さんのサイトで、1973年に撮影された岡見駅周辺http://blowinthewind.net/sl/bokami.htm
右のL字型の民家は変わっていない。
当時の安全側線が現在の専用側線と同じ様な線形であり、橋梁は当時から2本架かっていたようだ。
※最下部に追記あり
岡見駅方向を望む
新旧の隧道。
第二須津隧道はコンクリート坑口に装飾が施されている。
新旧坑口

旧トンネル遠景
旧線は第1須津トンネル
旧トンネル銘板

第1須津トンネルの反対側(N地点)
岡見駅側の旧トンネル初回探訪時

発電所の入り口周辺は、公園などの施設として一般に開放されている。
発電所案内図

第2須津トンネル
トンネル出口から発電所構内までの区間は、発電所建設時に路盤からやり直されている。
画像のように普段は柵で閉じられ、貨物列車が通過する時に開閉される。
左には[×]汽笛吹鳴標識(O地点)
※最下部に追記あり
発電所出口のトンネル

右側には1/2キロポストも見える(P地点)
1/2キロポスト
貨物列車が乗り入れるため、標識類が当然設置されている。
発電所内を走行の貨物列車は「大谷写真館」さんのサイトでも見ることができます。
http://www5f.biglobe.ne.jp/~otanix/sub1_sanin_okami_hatsu.html
発電所構内方向


<追記>

★旧線部各隧道の詳細
松原隧道(長さ92.5m)・・・石墨千枚岩で岩層に粘土をはさむ累層で偏圧が著しく仰拱コンクリートで施工。西口坑門上部は断崖絶壁のため、保安上5米延長。
第一須津隧道(長さ70.4m)、第二須津隧道(長さ50.3m)・・・硬質粘板岩で僅かに水分を含み軟化、側圧の傾向がみられ局部的に逆巻工法を採用。
参考文献
山陰の鉄道建設史
※現在の専用側線の第1・第2須津隧道とは名称のつけられ方が「あべこべ」になっているのか、文献の誤植なのかは不明。

★引込み線敷設の記録
95年 造成中(当時の海岸は埋め立てられ、現在の公園部分は建設関係事務所や詰め所などの建物)
98年1月(引込み線の工事開始)現在のテニスコートへ往来するための線路を潜るPCカルバートもこの時施工開始されている。
98年5月26日(第1列車入構)DD51機関車×1+貨車×2
参考文献
建設記録写真集「建設の仲間たち」-中国電力三隅発電所1号機建設1995年1月~1998年7月-
※この時点で公園はまだできていない
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yukebawakarusa.blog88.fc2.com/tb.php/50-66c61cb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ここは酷い三隅発電所1号機ですね

三隅発電所っていたら山陰線からの専用線あったな、という 中国電力株式会社 三隅発電所 http://www.energia.co.jp/misumi-h/ 三隅発電所 - Wikipedia http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E9%9A%85%E7%99%BA%E9%9B%BB%E6%89%80 三菱重工|中国電力(株)殿 三... 障害報告@webry【2011/07/20 02:34】


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。