山陰~中国地方を中心とした廃道・廃線・近代土木遺産などを巡る事を目的としたブログです。
プロフィール

K

Author:K
旧道や古い道路構造物・廃線跡などの「古い美しさ」に惹かれます。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR伯備線 法曽トンネル旧線跡(岡山県新見市)
1928年(昭和3年)に開業した方谷(ほうこく)駅~井倉駅間の旧線は1934年(昭和9年)の室戸台風の影響により、第五高梁川橋梁(L=119m)の流失、壮ノ宮トンネル(L=227m)では地すべりが発生したため僅か6年で廃止され、新線に付け替えられる事になった。

広域地図

探訪日2009年4月11日

詳細地図

A地点
この辺りから旧線が分岐しているようだ。
手前の水路には枕木で組まれた橋が架けられている。
A
隣には後に貫通した法曽トンネル(L=429m)が口を開けている。
A

B地点
行き止まりのA地点までは保線などのために関係車両の通行があるのだろう、旧線上に残る轍。
B

C地点
壮ノ宮トンネルが見えてきた。
C
三重巻きの煉瓦とコンクリートで出来た坑口。
入り口には大量の土砂が積み上げられ、小さな虫(カゲロウ?)の大群が飛び交い、湿気の多いジメジメとした雰囲気に耐えきれず、入り口から内部の様子をうかがうことしかできなかった。
C
画像からも判別できるように内部の様子に異状が見られる。
内部の様子
画像調整すると、右へカーブしているのが見える。
調整後

D地点
反対側にやって来ました。
オーバークロスする国道法面に落書きのある辺りが旧線で、当時は国道と平面交差していた。
D

E地点
D地点から川を見ると、旧第五高梁川橋梁の橋脚の基礎部分が残っているのが確認できた。
E

F地点
対岸の茂みにも橋脚らしき構造物が。
F
角度を変えて。
F

現在の第五高梁川橋梁を行く381系特急「やくも15号」
特急やくも号

参考文献
「鉄道遺産を歩く 岡山の国有鉄道」小西伸彦 著
「伯備線建設概要」鉄道省岡山・米子建設事務所 発行
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://yukebawakarusa.blog88.fc2.com/tb.php/76-b3fc5854
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。